仙台すずめ踊り祭連 六軒丁睦

Entry: main  << >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | pookmark▲ 戻る

東北六魂祭2016ファイナルin青森・るぽ 〜さよなら、ロックン!〜

こんにちは〜!


去る6/25、26に行われた、東北六魂祭。


2011年震災の年から始まり、今年で6回目。東北六県を一巡し、最終地青森での開催となりました〜。

六軒丁睦も、伊達の舞チームとともに有終の美を飾るべく六魂祭に加勢して参りましたよ!

 

 

2016年の青森市は、
東北地方の災を跳ね飛ばし、さらなる跳躍を願い、
「跳」(はねる)という一文字をテーマとしてかかげます。


「跳」は、青森ねぶた祭の「跳人(はねと)」の象徴でもあります。

 

今年はファイナルという事で、伊達の舞OBも復活参加し、

六軒丁からは、総勢14名の参加となりました。(お仕事で参加のメンバーも)

 

雨が降ると予報されておりましたが、大きく外れすかっと晴れる青森市。東北人の思いが届いたのでしょう。

 

「仙台」を背負いメイン通りを練り歩きます

 

あり選手、今回は浴衣踊り隊に大抜擢です!華がある〜✨

 

パレード開始まで時間があったので少し観光。いい眺め〜

 

有名な建物「アスパム」の真似してはしゃぐ

 

ねぶた準備中。でっかいなあ。

 

灯りが入るとますます迫力です。

 

 

どしりとしたねぶた囃子が聴こえてくると自動的に心拍数が上がります

 

大ファンであるというねぶたに惜しみない拍手を送る副代表

 

今回で役目を終えるであろう、六魂祭のキャラ「ロックン」と最後に暑い包容

(毛むくじゃらなので「暑い」)

 

東北の最北端で迎えた六魂祭ファイナルでしたが、人々の熱気や想いあふれ、とっても熱いお祭りでした。

今後、どういった形になるかは分かりませんが、近い形での開催続行の方向で考えてくれているようです。

 

震災を乗り越えて、培われた東北の強い絆が決して消えることはないでしょう。

 

岩手さんさ踊り、仙台七夕祭り、青葉まつり、福島わらじ祭り、山形花笠祭り、秋田竿燈祭り、そして青森ねぶた祭。

ぜひ、それぞれの本祭りにも足を運んでくださいね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | - | pookmark▲ 戻る

スポンサーサイト

| - | - | pookmark▲ 戻る
Comment »Post New